なあ、悠詩
やはりお休みは楽しいな。
三人でおでかけ楽しいな。
昨日も今日もいっぱい遊んだね。
遊んでくれてありがとう。
平日の充実のために休日があるのではない。
休日の充実のために平日がある。
そんな理想を抱き続けたいものだ。
働く時間が長い平日の中でに埋没したくはない。
今日の夜、以前録画していたドキュメンタリーを見た。
少し迷っていたり本質を取り戻したい時にたまに見る。
もう何ヶ月ぶりだろうか。
ちっぽけなことだと思った。
大きな流れから見ればどうってことないのだろう。
ほったらかすとしても、そうでないとしても。
だからそんなこと、どっちでもいいんだよ。
本質はどんな状況であれ、私の最も身近にあるのだから。
そう、それこそ背負うべき唯一のものだ。
だから大丈夫。
愛しているよ、悠詩。
2009-01-10No(003)st.jpg
一昨日、ランチで出かけた先の公園にて。
オマエサンが大好きな機関車とご対面。
2009-01-10No(007)st.jpg
園内の遊具で遊ぶオマエサン。
ひとりで色々遊べるようになってきたよね。
2009-01-10No(011)st.jpg
公園から帰る途中に立ち寄った別の公園にて。
砂場にいた親子に混ぜてもらって遊ぶオマエサン。
2009-01-11No(016)st.jpg
今日、近くの公共施設であったイベントにて。
憧れの消防車の運転席に乗せてもらって良かったね。
2009-01-11No(021)st.jpg
遠方から運ばれてきた雪で作ったカマクラの中。
気に入ってなかなか出てこようとはしなかったね。
手にはいつものクロネコヤマトのミニカー。
2009-01-11No(024)st.jpg
帰り道、カメラ屋の前に置かれたアンパンマンとご対面。
いつかこのアンパンマンの背を追い越す日がくるんだよね。
from オトウサン
—悠詩(2歳4ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事