なあ、悠詩

色々と思いをめぐらせた一週間だった。
試行錯誤しながらああでもないこうでもないと。

情けない思いをしたり反省しつつ、ある程度見えてきた。
「線」となりうる様々な「点」が。

だからこうしよう。

1.開放しよう(自分の中では堂々と)。
2.割り切ろう(自分の外では黙々と)。
3.ただ、その前提は作っておこう。

これにて全方位で動けるようになる。

しかし、昨日も書いたが、いずれにしてもそれ自体が本質ではない。
だからどっちでもいいんだよ。本質が守れるのであれば。

要は単にバランスとタイミングだけだ。

それ以上でもなければ、それ以下でもない。
大したことではない。

だから、落ち着いていこう。
だけど、私はそっと動き出す。

なるようになるとも、なるようにしかならないともいえる。

いずれにしても、それらすべては必然なのだ。
大切なのはコントロールの仕方ではなく、受け止め方なのだ。

from オトウサン
—悠詩(2歳4ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最近のブログ記事