「我がアイドルというエンタメへの想い」〜置手紙〜

なあ、オマエサン。
 
入院の夜。
予定通りなら明日退院。
 
結局、タブレットでドラマ見つつノートパソコンで顧客の訪中資料を作成することに。
下地は作成して頂くが、中国向けのアピールと見栄えも含めてゼロベースと同じくらい工数はかかる。
 
・顧客がほとんど作り込んでくるケース(私が肉付け)。
・顧客からメモ程度を頂くケース(私が作り込む側)。
 
顧客によって資料作成の慣れ不慣れや、作業するスタッフの有無もあるのでどちらでも対応している。
つまり、巻き取った方が良いケースと、お任せした方が良いケースに分かれるが、結局、一番作成のノウハウがたまるのは私なのでOK。
今回は前者のパターン。
元々、私自身、パワポ嫌いで作成も遅かったが、作り込み過ぎずバリエーションを増やす方が効果的な場合が多いことを知った。
 
さて、タイトルの件だ。
もう仕事はせずに語ってみる。
 
元々アイドルというエンタメ装置は楽しい。
 
最初に触れたのは80年代のアイドルだが、楽曲が来生たかおとかメロディアスなものが好きだった。
特定のアイドルというより。
 
元々、バンプレスト社でのゲーム音楽作成でキャリアも始まる。
その後のインデックス者では着メロの全盛期で大量の邦楽、アイドルの曲のデータ制作監督のポジション。
三カ月で1000曲を捌いた時が一番しんどかった。
 
その新規着メロサイトは1曲で5バージョンもあった。
 
・ロングver(90秒程度)
・通常ver1(JASRACを想定して45秒以内)
・通常ver2(こちらも45秒だが、サビ以外から始めるver)
・メール着信音ver1(数秒程度)
・メール着信音ver2(数秒程度)
 
これはどの部分を制作させるかセンスのいる作業も必要だった。
センスがある人(または制作会社)には丸投げでよかったが、そうでない人も多かった。
 
しかも1000曲でも、16和音用に最低3データ用意する必要があった。
P用(パナソニック端末用)、N用(NEC用)、D用(三菱用)と。
SO(ソニー端末)やF(富士通)の端末は、上記のいずれかを使いまわす(音源が似ている端末用データを)。
 
つまり、1000曲×5ver×3端末用=15000データの制作。
 
外部の制作会社を開拓し、内部のディレクターもクリエイターも一気に増員して対応した。
でも作業場所がなくて、オフィス近辺のマンスリーマンションを会社に借りてもらって別室を構えて対応した。
家には戻らず、マンスリーマンションのシャワー浴びて寝る日々も続く。
納品されたものを確認し、リテイクの指示出したり、急ぐ場合は自分でデータを直す日々が続いた。
大量のデータの数が合わず発狂しそうにもなった。
 
何が言いたかったというと、この頃はモーニング娘松浦亜弥、avex系だとFolder5Dreamなどアイドルの曲を必然に聴く。
必然的に身にしみいる。
 
それのプロジェクトが落ち着いたころは、AKB48が立ち上がった時期。
まだガラガラの秋葉原の劇場に行ったことを覚えている。
高橋みなみと中西里菜(後にセクシー女優)ぐらいしか覚えていないが(前田敦子や大島優子もいたのだろうか)。
 
AKBは総選挙含めてエンタメとして非常に面白い装置である。
最近?も沖縄で総選挙が中止になった年は、実際に沖縄へ総選挙ツアーに申し込んで蒲田で前泊して行く気満々だった。
でもまさかの台風で中止(結局、秋葉原劇場でのライブビューイングとなる)。
指原莉乃さんの最後の総選挙の年でした。
 
今はAKBは全盛期を過ぎ、坂道シリーズが安定期に入っている。
 
<乃木坂46>
皆さん綺麗だよね。
個人的には秋元真夏、齋藤飛鳥、堀未央奈が好き(はいキモイね)。
 
<欅坂46>
スタイリッシュですよね。楽曲も格好いい。
個人的には鈴本美愉が好きだが、どちらかというと箱推しぞよ。
 
<日向坂46(ひらがなけやき)>
ほんわかしていていいですね。
敢えていえば高本彩花が好きだけど、正直、そこまで詳しくない。
 
でもね、最近は巡り巡って「ももクロ」さんが一番良いかも。
基本、箱推しだが、赤の百田夏菜子が一番好き。
彼女は、彼女たちは本当に元気いっぱいで、元気がもらえる。
色気は無いかもしれないが、しっとりとしたバラードでもその表情や動きは素敵。
6名から4名になったけど、パワーダウンは全く無い。
そろそろライブに行ってみたいなぁ。
 
アニメ声優系だと、マクロスΔのワルキューレのコンサートにはオマエサン(息子)とも行った。
もう少し早ければマクロスFも行けたのにね(アニメは一緒に全部見たけど)。
そういえば桃井はるこさんは今何やっているんだろうか。
 
というわけで、45歳のオッサンだけど、オタではないがアイドル(という装置)は今でも楽しい。
 
さて、日付も変わったし寝ますか。
 
写真は手元にあったものを適当に。
関係ない物もあるが。
 
ありがとう。
 
ごんた
オタだな。
 
モモ
キモイわ。
 
岳志
だから違うんだって。
 
くり
ワテらは何でも大好き。
 
マーブル
アイドルに好き嫌いは全くない
 
シロ
誰であってもその胸に抱かれる。
 
チャロ
あのー。ももクロって食べ物ですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール(概要)
山本 岳志(ヤマモト タケシ)
【フルverのプロフィールはサイト上部より(スマホは下部)】

■男性 ■A型 ■1974年 ■勤め人
■東京都在住 ■山口県生まれ・島根県育ち
■家族 :妻と子(オマエサン)兎(ごんた)ハリネズミ(チャロ)
■趣味 :自己満足の小説執筆

■学校生活
もっぱらスポーツ少年だった。
小学校はずっと剣道。中学校は陸上(短距離)。高校はボクシング(一年半ほど)。

・1987年3月 山口県 下松市立
 中村小学校 卒業
・1987年4月 山口県 下松市立
 末武中学校 入学
 (中学二年次に島根県へ引っ越し)
・1990年3月 島根県 美保関町立
 北中学校(現:松江市立美保関中学校)卒業
・1993年3月 島根県 島根県立
 松江東高等学校 卒業

■学生生活
教員を志して上京。大学へ入学。
三年次、ボクシングでプロになる。戦績はこの一戦のみ(一応、勝ち)。
パソコンを使った音楽制作を開始。バンドも楽器も不要なことに感動。
小学校教員免許を取得して卒業。

・1998年3月 埼玉大学 教育学部
 小学校教員養成課程 教育学専修 卒業

■社会人その1
音楽制作が高じ、ゲーム会社入社。BGMや効果音、音声制作に従事。

・株式会社バンプレスト
 AM事業部 機器開発担当

■社会人その2
その後、ITベンチャー企業入社。
モバイルコンテンツの制作に従事。入社四年で当時の統括部署を分社。
ITベンチャー企業の子会社とする。代表として設立と全体統括に従事。
結婚し子供も生まれ、日々が充実。上記と平行で中国企業の代表兼任。

・株式会社インデックス(現:iXIT株式会社)
 日本・中国制作事業統括
⇒株式会社インデックス・イマジナック
 代表取締役社長
⇒厦門掌通信息科技有限公司(Xiamen Index)
 董事 副総経理

■治療・療養生活
持病の治療及び療養に専念する。

■世界一周旅行
療養を兼ねて地球をぐるっと一周。
ほとんど移動の一ヶ月弱。
詳細はカテゴリーにて。

■社会人その3
他のITベンチャー企業に所属。
経営企画や事業企画に従事。

・株式会社アイ・エム・ジェイ
 (現:アクセンチュア傘下)
 経営企画室 中国事業担当 シニアプロデューサー

■社会人その4
心機一転、株式会社を設立。

■社会人その5
現在、中国ビジネス支援会社勤務。
うさぎのごんたさん、ハリネズミのチャロとも出会う。

・SRB TECH コンサルティング株式会社
 パートナー 取締役副社長


~保有資格~
・平成8年3月 日本プロボクシングC級ライセンス取得
・平成9年9月 普通自動車第一種免許取得
・平成10年3月 小学校教員免許状取得
・平成28年10月 漢語水平考試2級(HSK)
・平成29年4月 漢語水平考試3級(HSK)

★★★連載情報★★★
WEB連載 「日中ビジネスの専門家が見たアフターコロナの中国」
↓記事はこちら↓(2020年4月~)
https://cocokara-next.com/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%b2%b3%e5%bf%97/

★★★講演会情報★★★
(終了:5月14日(火)19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277

★★★講師の達人★★★
https://www.entatsu.com/lecturer/a_1023.html