なあ、悠詩

アモイ(Xiamen)にいる。
ここについては多くを語るつもりはない。

以前、数ヶ月滞在したあと、三年ほど行き来していた。
通算すると一年半ほど住んでいたともいえる。

正直、めちゃくちゃ落ち着く。
これまでの旅がいかに気が張っていたかも思い知らされた。

刺激的な日々を遅らせてもらった街だ。
楽しい思い出もあるが、苦い思い出もある。
未熟なばかりに多くの人に申し訳ないこともした。

だが、完全に思い出になるほど時間はたっていない。
以前、ここに来る理由であった場所にも足を運ばない。
やはり、まだ過去にするには日が浅い。
また、今それをすると様々な義理も立たない。

今回はその部分は自分の中でも触れないでおくこととする。
さて、ここで今さらすることなどない。
昼過ぎまで寝たのは出発して初めてだ。
これまでは時間に余裕があっても自然と目が覚めたものだ。
やはり開放感がそうさせるのだろうか。

ホテルの目の前の船着場から十分で着く小さな島に行ってみた。
ちなみにアモイ自体も島である。

島では砂浜にて小説もどきにゆっくりと取り組んでみる。
日が暮れてきたので、アモイ本島に戻り中心街をぶらぶらする。

屋台の食べ物をはしごして簡単に夕食を済ませる。
これが実に美味しい。
以前はそう思わなかった。
これもまた、気持ちに余裕があるからだろうか。

それからは部屋に閉じこもり、この手紙などを書いている。
のんびり、ただひたすらのんびりするだけだ。

20071129_625st_40.jpg


船の上から見たアモイ本島。
左は宿泊したホテル。

20071129_636st_40.jpg


船で渡ったコロンス島の砂浜。
海に浮かぶビニール球は中に入って遊ぶもの。
誰が考え付いたんだか、、、

20071129_662st_40.jpg


にぎやかな中心街(中山路)。

20071129_654st_40.jpg


沙茶面が好き(店によって違うが)。

20071129_658st_40.jpg


胡麻きな粉をまぶした餅。

20071129_659st_40.jpg


パクチーなどが入った春巻き。

20071129_664st_40.jpg


イチゴを飴で固めたこれが大好き。
20071129_673st_40.jpg


甘栗。安いし殻が割ってあるので食べやすい。

【小説「源平咲き」112,988文字(原稿用紙283枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最近のブログ記事